難易度 上級
片道約6km
所要時間 裏磐梯スキー場〜山頂(中の湯跡経由)片道約3時間30分

コース解説
裏磐梯側から日本百名山「磐梯山」の山頂を目指すコースです。裏磐梯スキー場から、銅沼、中の湯跡を経由して山頂に向かうコースと、磐梯山噴火壁を登って山頂に向かうコースに分かれます。どちらも健脚向けのコースで、とくに磐梯山噴火壁を登るコースは、途中からかなりの急登となります。天候によっては危険なコースでもありますが、周囲270°を絶壁に囲まれ、1888年に噴火した小磐梯が存在していた地を踏みしめながら歩くことができます。もうひとつの銅沼、中の湯跡を経由して山頂に向かうコースは、やや緩やかで銅沼から噴火壁を一望する絶景を味わうことができます。スタート地点を含め、トイレはないため、桧原湖周辺で事前に済ませておくとよいでしょう。

アクセス
◇バスの場合
磐梯東都バス「裏磐梯高原駅」バス停下車
出発点の裏磐梯スキー場までは徒歩約40分
バス時刻表 磐梯東都バスHPをご確認ください。

◇車の場合
裏磐梯スキー場の駐車場を利用

このコースの地図を印刷する