野鳥

コハクチョウ

カモ目カモ科

ユーラシア大陸北部のツンドラ地帯で繁殖し、冬期に日本へ渡って来る。湖沼、河川、穏やかな海上などに生息。冬に水草の葉や根など植物を食べる。
「コホッ・コホッ」や「オホォッ・オホォッ」とオオハクチョウよりも低い声で鳴く。

カワセミ

ブッポウソウ目カワセミ科

留鳥または漂鳥。
海岸から低山の河川、湖沼、池などに生息。
くちばしが長く、魚をとるのが得意。
体色はオスメスでほとんど同じ。鮮やかな体色から「飛ぶ宝石」「翡翠(ひすい)」と呼ばれる。

アカゲラ

キツツキ目キツツキ科

留鳥。ドラミングと呼ばれる「ドロロロロ…」という音は木をつつく際の音。
樹木の中にいる虫を食べるため木をつつく。建物の軒下などにも穴を開ける。
鳴き声は「ケッ」と1声ずつ区切って鳴く。

キビタキ

スズメ目ヒタキ科

夏鳥。「福島県の鳥」に制定されている。
オスの体色はオレンジ色と黒のコントラストが鮮やかだが、メスは地味。
繁殖期のオスは明るく大きな声で鳴く。