裏磐梯では春〜初夏に”エゾハルゼミ”という一足早く鳴き始めるセミの大合唱が深緑の森に響きます。標高が高いため、夏真っ盛りの時期も比較的涼しい場所です。

早稲沢・デコ平探勝路

標高1320mにあるデコ平湿原。
グランデコリゾートのゴンドラ山頂駅から出発し、スキー場を横切る歩道を20分程度緩やかに下るとデコ平湿原探勝路に着く。
湿原を一周する木道が整備されており、ワタスゲ、レンゲツツジ、モウセンゴケ、ウメバチソウなどを見ることができます。また、ヨツバヒヨドリやアザミの花に“アサギマダラ”という大型の、水色(浅葱色)が鮮やかなチョウがよく集ります。

雄国沼湿原

雄国沼は火山活動でくぼんだ地形になっており、周囲を猫魔ヶ岳と雄国山に囲まれている。
ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、タテヤマリンドウ、トキソウ、サワランなどが咲く湿原は国の天然記念物に指定されている。
雄国沼湿原に行くルートは「雄国せせらぎ探勝路*」「猫魔ヶ岳やまびこ探勝路」「雄国パノラマ探勝路」の3つと、6月上旬〜7月中旬は喜多方方面からシャトルバスを利用して行くことができる。

*特にニッコウキスゲが咲く時期は「雄国せせらぎ探勝路」から登る利用者が多く、駐車場が混雑するので注意が必要。