裏磐梯の春は4月中旬〜5月初旬頃から。
雪解けとともに草木が緑鮮やかに芽吹き、生き物たちも姿を見せ始める。

レンゲ沼・中瀬沼探勝路

流れ山の上に設置された展望台からは中瀬沼と磐梯山が見渡すことができる。
春先の短い期間にだけに咲く、キクサキイチゲやニリンソウなどのスプリング・エフェラメル(春の妖精/はかないもの)と呼ばれる可憐な花は小さいながらも美しいです。
5月頃はキビタキやオオルリなどの野鳥を観察しやすく、双眼鏡などを持ってゆっくり散策するのがおすすめ。
散策の前後に裏磐梯サイトステーションに立ち寄ると、その時期の自然に関する情報などを知ることができます。

小野川不動滝探勝路

鳥居がある駐車場から歩き始めると、途中急な石段を登り、木材搬出に利用されていたトロッコの軌道敷跡の平坦な道に出ます。
新しく整備されたグレンデコ側の駐車場から歩き始めると多少距離は長くなりますが、全体的に道は平坦です。
小野川不動滝の力強い水しぶきを間近で見ることができるため、爽快感を感じることができます。