ルールとマナーを守りましょう

最近、ルール違反やマナー違反について注意しても、聞き入れないひとが増えています。
特に目立つのは、次のような迷惑行為です。

  • ゴミを捨てる(タバコのポイ捨て、トイレにゴミを放置するなど)
  • 探勝路や木道を外れて踏み込む
  • 特定の場所を長時間にわたって占有する

ゴミのポイ捨てや放置は、景観を損なうだけではなく、クマ、サル、イノシシといった野生動物を誘引する原因となります。
絵を描いたり、写真を撮ることも楽しみ方のひとつですが、足元の植生を痛めたり、他の人の迷惑になることが少なくありません。

ここは、ただの観光地ではなく国立公園であり、自然はみなさんの財産です。
素晴らしい自然を後世に残していくために、ルールとマナーを守りましょう。

<こちらもご覧ください>
国立公園利用上のマナー
磐梯朝日国立公園 利用上の注意
マナーブックようこそ国立公園へ ―あなたのいる場所は国立公園です